食費の節約について

節約生活・暮らしの知恵袋 >> 食費の節約方法

ページメニュー

食費の節約方法はじめに
良い材料探しはお店探し
牛肉の選び方
豚肉の選び方
鶏肉の選び方
魚の選び方
野菜の選び方

食費の節約方法はじめに

我が家では、食費を節約するのに最も重要視していることは、食材を余らせず使いおいしくいただくことです。そして、1ヶ月の食費予算を決め予算内におさめられるように、上手に買い物をすることです。良い食材を無駄なく予算内に購入することを重要視しています。

以前は安いからと思って、特価品を大量に買いあさっていた時期がありましたが、使い切らずに処分することも時々ありました。そんなのこそ本当にもったいないです。ですから、今は本当に必要なものしか買わないことにしています。それが特売品だと尚良しです。

そして余らせず、おいしくいただける良い食材として我が家で重宝しているのは旬の食材を購入することです。野菜や魚など、旬の食材は本当においしくいただけます。また栄養価もたかく、何と言っても安いのが魅力です。

良い食材を使えば、おいしい料理を作ることができます。それが食材を余らせないキーポイントと考えています。しかし「良い材料=高級な食材」と考えがちですが、なかなかそういったものは、普通の家庭では購入できる余裕はありませんよね。そこで、「良い材料=新鮮な食材」と考えてみてはいかがでしょう。これでしたらいつものお買い物で見る目さえ養えば、購入できます。新鮮な食材を選ぶ知恵を紹介します。 

鰯イカラディッシュなすび

良い材料探しはお店探し

新鮮な材料を探すには、新鮮な材料を売っているお店を探す事から始まります。よいお店の条件としてまず言えることはは、お客さんがたくさんいるお店です。「お客さんがたくさん集まるお店=商品の回転が良いお店」といった式が成り立つのではないでしょうか?

お客さんがたくさん集まるお店は、それだけの人が、「このお店には良い商品がある」と思って買い物に来ている訳です。そういったお店を探しましょう。

逆に悪いお店とは、どういったお店だと思いますか?例えば、魚売り場で見栄えを良くする為に、照明をがんがんあてているお店などはどうでしょう?照明をあてれば、熱を発生させます。また、痛みやすい挽き肉などを大量においているお店などはどうでしょう?
そんなお店は、あまり良心的なお店とはいえないのではないでしょうか?

牛肉の選び方

牛肉新鮮な牛肉は、肉の色で判断します。新鮮な牛肉は赤い血の色をしています。それと脂肪分がしっかりと固まっていて、肉汁が出ていない物を選びましょう。肉の色が黒い場合は、新鮮でないか年をとった牛の肉である場合があります。又、赤すぎる牛肉は脂肪分がついていない牛肉です。好みにもよりますが、ある程度、脂ののった牛肉がおいしいです。

豚肉の選び方

豚肉新鮮な豚肉は、つやがあり薄いピンク色をしています。ところどころ赤みが強い肉は筋肉が発達した豚で、全体的に赤みがある場合は、古い肉である場合があります。つやとはりのある、きれいなピンク色の豚肉を選びましょう。

鶏肉の選び方

鶏肉新鮮な鳥肉は、皮につや弾力があり毛穴が盛り上がっています。又、肉は薄いピンク色や赤みがかった色をしてしています。白くくすんだような色をした鶏肉は古い場合があります。

魚の選び方

魚新鮮な魚は、目玉が透き通っています。又、えらが薄い赤色をしており、全体的に水がついたように湿っています。切り身の場合は切り口が湿っていて、表面につやのある魚を選びます。逆に古い魚はえらが黒く、表面のつやがありません。また腹が割れていたりします。

野菜の選び方

野菜野菜全体にいえる事は、新鮮な野菜はみずみずしく、見た感じシャキッとしています。変色していたり、しなびているものは古い証拠です。豆類は、はりがあり硬いものが新鮮です。又、菜っ葉類は、変色がなく、みずみずしいものを選びましょう。キャベツ・レタス類は葉がしっかりと巻いており、みずみずしいもの。根類はひび割れ、黒ずみがないものを選びましょう。

Copyright (C) 節約生活・暮らしの知恵袋 , All rights reserved.