セーターの洗濯方法

暮らしの知恵袋 >> 洗濯の方法〜染み抜きの裏技

セーターの洗い方メニュー

ウールのセーターの洗い方

ウールのセーターを洗濯するには、ぬるめのお湯で押し洗いするのが基本です。30℃ぐらいのお湯を使って、洗濯すればふんわり仕上がります。30℃のお湯の作り方は、熱湯1に対して水を2混ぜれば、大体30℃くらいになります。このぬるま湯に洗剤をいれ押し洗いをしましょう。尚、伸びやすい裾や袖口は、あらかじめ内側に折り込んでおきます。押し洗いは、指を開き加減にして、押したら手を離し、セーターがふんわり浮いてきたら、また押すということを繰り返します。強く押したり、もんだり、こすったりはしないで下さい。すすぎも、30℃ぐらいのぬるま湯で2回、押し洗いします。そして、バスタオルにくるんで、水気を取ります。脱水機を使うならネットにいれ30秒ほど回します。干すときは形を整えて、陰干しします。型くずれや縮みを起こしやすいので、平干しをしましょう。


ウーライト
デリケートな衣類を型崩れせず、しなやかに洗いあげます。シルク、ウール、麻、綿、アクリル、ポリエステル、ナイロン素材他、セーター、ランジェリー、ストッキングなどのおしゃれ着洗いに最適です。

カシミヤやアンゴラのセーターの洗い方

ウールのセーターと同じく30℃ぐらいのお湯を使って洗います。押したり、揉んだりはせずに15分ほどつけ洗いをしましょう。すすぎはまず、ネットにいれて15秒ほど脱水し、5分間ぬるま湯につけ、15秒脱水、これを2回繰り返します。干すときは形を整えて、陰干しします。型くずれや縮みを起こしやすいので、平干しをしましょう。

上手なセーターの洗い方

セーターを洗濯機で洗う時は、袖口や襟の部分が伸びやすいので、あらかじめ内側に折り込んでおくと、型崩れの予防になります。念を入れるなら、輪ゴムで口が広がらないように留めてやると良いでしょう。

アクリルセーターの洗い方

アクリルのセーターは洗濯機で洗濯すると毛玉ができてしまいます。毛玉を予防するには裏返して洗うと良いです。

セーターをふっくら仕上げるコツ

セーターを洗い、2回目のすすぎの時に、オリーブオイルを2〜3滴、又はリンスを少量入れ、3分ほど浸すと、ふっくらと仕上げることが出来ます。


ハイベック パールWAX極
しなやかでハリがあり、肌ざわりがよく、しかも型よく整い、仕上げ効果が持続します。帯電がもたらす、電気的なアカ・ホコリなどの吸着による汚れ易さを防止します。

セーターを洗濯する便利な知恵

セーターを洗濯する時は、お風呂で洗うと便利です。風呂の洗い場に桶を置き、温かいままの残り湯に水を足し、30℃に調節して洗濯すれば手軽です。そして、洗い終わって水気を切ったら、お風呂のふたの上で平干しをします。半乾きになったら、ハンガーにかけ、陰干しすれば型崩れしません。まとめて洗うときには、得にお勧めです。

セーターを上手に干す方法

ウールやカシミヤなどのセーターの干し方は、形を整えてから、平らな場所に干すと、型崩れを起しません。そして、直射日光を当てずに、通気性の良い所で干すのが理想的です。専用に平干し台が市販されていますが、ハンガーを3本使って、1本は普通に肩に通し、2本で肩から下部分を通して、袖と裾部分を支えるように、平らに干してやると良いでしょう。


セーターの型崩れを防止します♪セーター干しネット

メッシュ式ですので通気性抜群。キャッチ式フックで竿やロープにしっかり固定できます。使用しないときは折りたためるのでコンパクトに収納できます。

平干しできない時は

セーターを洗ったけど、スペースの都合で、どうしても平干しできないときには、ハンガーの代わりに、ストッキングを使いましょう。ストッキングをセーターの中に通し、襟からウエスト部分を、両袖から足部分を出して、ずれないようにして襟と両袖から出た、ストッキングを洗濯紐などに、ぶら下げ陰干しすると、型崩れしにくくなります。

関連リンク

Copyright (C) 上手なセーターの洗い方 , All rights reserved.