本文へスキップ

ズボンとスカートの手入れ方法と裏技

ズボンとスカートの手入れ方法と裏技メニュー

プリーツスカートの上手なアイロンがけ

プリーツスカートのひだを、上手に整えるようにアイロンがけをするには、スカートを裏返し、裏からひだを整えます。そしてセロハンテープでとめ、安定させてからアイロンをかけるときれいに仕上がります。

折り目をきれいに出すアイロン技

ズボンなどの折り目をきれいに出すには、洗濯ばさみで4隅を留め、折り目がずれないようにアイロンがけをすると良いです。


スーツ専用スプレーアイロン ドライ&ウール

スラックスの折り目を長持ちさせる裏技

スラックスの折り目を長持ちさせるには、アイロンをかける時、スラックスの折り目の裏側にロウを塗ってから、かけてやると、折り目が長持ちします。

アイロンテカリをとる裏技

衣類にアイロンをかけて、テカッてしまった経験はないでしょうか?そんな時は、タオルを2倍くらいに薄めた酢で湿らせ、その上からテカリ部分をアイロンかけすると元に戻ります。


メッシュアイロンあて布

膝が丸くなったズボン

膝の部分がポコンと出っ張ったように丸くなったしまったズボンは、アイロンで戻す事ができます。ズボンを裏返しにし、丸くなった部分をはけなどで四角く濡らし、四角の外側から内側に向かって丁寧にアイロンをかけます。そして四角の中央を再び濡らして、その部分をアイロンを当ててやると戻ります。


東芝 TOSHIBA HIP-T22 L ズボンプレッサー

折りじわを取る方法

衣替えの時や喪服など、長い間ハンガーにかけていたズボンやスカートに折りじわがついてしまったなんてことはよくあります。アイロンがけをすればしわを伸ばすことが出来ますが、面倒な方は、霧吹きで全体を軽くスプレーし、まっすぐになる様にかけなおして陰干ししてやると、しわを伸ばすことができます。

ズボンを鞄に入れる時は

旅行かばんなどにズボンを入れる時は、しわにならないか気になります。そんな時は、タオルか新聞紙を筒状にしたものを芯にして、ズボンをくるくると巻いて入れましょう。すると、しわが出来にくくなります。尚、ズボンを引っ張るようにして、巻き込むのがコツです。

ジーンズを長持ちさせる方法

ジーンズのズボンは、股の部分が擦り切れてしまうことがよくあります。そんな時は、買ったらすぐに内股の部分にセッケンを塗り込んでみてください。セッケンが潤滑剤代わりになり摩擦が少なくて、擦り切れにくくなります。洗濯の度に、塗りなおしてやると長持ちします。

太ってファスナーが閉まらない

お腹まわりに、余分な肉がついてしまい、ファスナーが思うように閉まらなくなってしまった時は、寝転びながら、ファスナーを閉めると楽にはける事があります。

足が長く見えるズボンの着こなし術

@おしりにポケットがあるものや、膝に切り換えがあるデザインは、足が長く見えます。
A女性の場合、ズボンと合わせてヒールのある靴を履く時は、裾直しをする時、ヒールの高さに合わせて、かかとの方を少し長めすると、足が長く見えます。
Bズボンの色と、同じ色の靴を履くと、足が長く見えます。


【婦人】【レディース】【スラックス】【パンツ】裾上げ モーニングカット仕立て
リンク先の写真のように仕立てると、ちょっと足が長く見えます。

きつくなったジーンズのウエストには

きつくなってはきにくくなったジーンズのウエストには、小窓用のカーテン突っ張り棒でジーンズのウエストを伸ばします。洗濯したジーンズを干す前にウエストに突っ張り棒をきつく広げてそのまま乾かしましょう。その時、両端にハンカチ等で当て布をして跡形が残らないようにします。4・5cmぐらいなら十分に伸びます。デニム生地は、製造工程で製縫前に布地を限界まで縮る防縮加工が施されています。突っ張り棒で伸ばす事によって布地を本来の大きさまで広げていたのです。


お直しくんカジュアル
針・糸、不要!チノパンツやジーンズのボタンホールにはめ込むだけで、きつくなったウエストが簡単に約2.5cm・5cmと2段階に広がります。

スカートのまつわりを無くす方法

スカートの生地を、両手で出来るだけ沢山集めてギュッと何度か握ります。これでスカートに起きた静電気が放電し、まつわりが無くなります。

ロングスカートで階段を昇る時

ロングスカートをはいて、階段を昇る時、裾を踏んで転びそうになることがあります。そんな時は、裾を後ろに蹴り上げながら、階段を昇ると、裾を踏まずに済みます。

雨の日泥を跳ね上げない歩き方

雨の日に、内股で歩くと、かなり泥はねを抑えることができます。


シューズ保護カバー
営業や販売を仕事としている方におすすめ。「使い捨てシューズ保護カバー」は、突然の雨から水・泥・汚れを完全シャットアウト。カバンの片隅に入れておけば、いつ雨が降っても大切な靴を濡らしません。3mmの高分子のポリエチレン・フィルムで作られ耐久性は抜群。ちょっとしたことでは破れません。

きつくなったスカートをはく裏技

足をクロスさせて、上体を斜め45度に前傾させ、スカートを上げると、スーッとはけます。これは、足をクロスした時、太ももの筋肉が伸びて細くなり、上体を傾けた事により、おしりの筋肉が引き伸ばされて、細く成ったからです。尚、スカートを脱ぐ時も、同じようにするとスムーズに脱げます。ただし無理は禁物です。

ファスナーをスムーズにする裏技

ファスナーの動きが悪くなった時は、ろうそくを使いましょう。ファスナーにろうを塗りつけ、何度か開け閉めをするとスムーズになります。