豆腐料理の裏技

節約術と生活知恵袋 >> 簡単!料理の作り方と裏技

豆腐料理の作り方メニュー

おいしい湯豆腐の作り方

湯豆腐をおいしくするには、まず豆腐の水分を一度、取り除きます。クッキングペーパーを2枚重ねにしたものを、豆腐の上下におき、上に豆腐と同サイズぐらいのタッパ-に水を入れ重石がわりにのせます。
30分ほどおいて置くと、豆腐の水分が抜けますので、水分が抜けた豆腐をタッパ-に入れ、浄水で再び水分を吸収させます。
豆腐を煮るときは、ぐつぐつと煮ると豆腐にすが入るので、弱火で煮ます。お湯に一つまみの塩を入れておけば良いでしょう。


日本の冬の風情を粋に楽しむ。サワラ小判型 湯豆腐セット

湯豆腐を崩さず取る裏技

竹串を3本束にし、尖ってない方の上から3〜4cm位の所を輪ゴムをしっかり巻きつけます。巻き付ける途中で3本の竹串の間に輪ゴムを一回入れておきます。これをネジり、尖った方が正三角形に成るようにします。そしてこの竹串で、湯豆腐を突いて取ると、崩れないで綺麗に取れます。


大阪であまりにも有名なポン酢 旭ポンズ(アサヒポンズ)


「はなまるマーケット」でも紹介された美味しさ!!こだわりぽんず かぼす

豆腐を鶏肉風味にする方法

豆腐の水を切り、冷凍庫で凍らせてから、レンジで20分間、解凍します。解凍された豆腐を、押さえて汁を絞だし、さらにお皿などを上に乗せて1時間以上重りをかけ、しっかりと水分を抜きます。すると、カロリーオフの鶏肉(風)になります。から揚げにするとおいしいです。

豆腐を崩さず料理する方法

水が入ったボウルに、大さじ1杯の塩を入れ塩水を作ります。そこに、豆腐を15分以上浸しておきます。すると、豆腐が崩れずに料理しやすくなります。これは、豆腐を塩水に浸けたことで、豆腐の水分が塩水の方に移動したからです。


北海道産袖振り大豆使用 手寄せ豆腐「倭」
大豆の中でも高ランクの品質を誇る「北海道産袖振(そでふり)大豆」を100% 使用した高濃度のこくのある豆乳を、弊社のベテランj職人がにがりだけで手寄せし た絹ごし豆腐です。 大豆のもつ自然な甘さと手寄せでしか味わえない口の中でとろけるような絶妙なやわ らかい食感が味わえます。

関連リンク

Copyright (C) 豆腐料理の上手な作り方 , All rights reserved.