卵料理の作り方と裏技

節約術と生活知恵袋 >> 簡単!料理の作り方と裏技

卵料理の作り方とメニュー

おいしい目玉焼きの作り方

卵が痛んでいてはいけないので、まずは器に卵を割ります。熱くしたフライパンに油をひき、卵をフライパンに落とし、1分ほど中火で焼きます。1分焼けば、おおさじ一杯分のを入れてフライパンにふたをします。ふたをして強火にし、5秒くらいで火を止めます。そのまま1分ぐらいおいておくと、ふっくらとした目玉焼きが焼きあがります。


ウェイクアップモーニングセット
忙しい朝にコーヒー・トースト・目玉焼きが一度に調理する事ができます。

目玉焼きを丸く焼く方法

玉ねぎの太い部分を輪切りにして、その中に卵を落とすと、目玉焼きが丸く出来あがります。もちろん、玉ねぎも食べられます。また、ジュースのアルミ缶をはさみで、3cmくらいの輪に切り、利用するのも手です。


アルブリット リング丸型 大
パンケーキ(ホットケーキ)・目玉焼き・お好み焼き等を丸く綺麗に整えます。 つまみ部分は折りたたむ事ができ、コンパクトに収納できます。熱伝導の良いアルミに、フッ素樹脂を二重に塗装加工してあるため、加工耐久力がUPしました。

卵を片手で割る方法

親指と人差し指で、卵を縦に挟み、平らな所で叩きます。そして、親指と薬指で横から軽く殻を開けると簡単に割ることができます。。卵は平らなところで叩いているので、ひびの入り方がくもの巣のようになります。

卵を片手で割る方法2

普通に卵をコツンと叩き、殻に傷をつけます。そして、反対にひっくり返し、また普通コツンと割れ目を入れます。そして、片手で殻を開きますと簡単に割れます。これは、割れ目を卵の上と下に付ける事によって、割れようとする力が両方から働いて綺麗に割れるからです。

上手に卵を割る方法

卵を割るとき、黄身が崩れたり、中に殻が入ってしまうことがありませんか?卵を割るとき、何かの角に「コンコン」とぶつけて割る方が多いとおもいます。しかしこの方法では、どうしても黄身が崩れたり、小さな殻が入ったりしやすくなります。ではどのように卵を割ると、上手に割れるのでしょうか?
答えは、平らな面に卵をぶつけて割った方がきれいに割れます。平面に卵をぶつけるとその部分がへこんだ状態になり、殻は内側の薄い皮にへばりついた状態になります。そのへこんだ部分を割ると卵はきれいに割れます。

卵の黄身と白身をきれいに分ける方法

卵の黄身と白身をじょうずにわけるには、じょうごを使えば、簡単に分けることができます。黄身はじょうごに残り、白身は下に落ちます。


ハウスウエアーセット

温泉卵の作り方

卵の黄身は約60℃で、白身は約70℃固まります。白身がとろりとした温泉卵を作るには60℃〜70℃のお湯で煮てやると、作る事が出来ます。作り方は、まず70℃ぐらいのお湯を作ります。沸騰した1000ccのお湯に200cc水を加えます。これで70℃ぐらいのお湯が出来上がります。
後はこのお湯をいかに冷まさないか工夫します。方法として、カップめんの容器に入れカップめんの容器でふたをする。魔法瓶に入れる。コーヒーメーカーの保温機能を使う。などが上げられます。そういったお湯を冷めさせないよう工夫し、15分煮ると温泉卵が出来上がります。


温泉たまご器 温玉ごっこ
できたての温泉たまごを、簡単にご家庭で!お湯をいれるだけの温泉たまご器

おいしいとき卵のコツ

卵料理で、とき卵が必要な時は、長い間卵をかき混ぜれば、コシがなくなり美味しい料理ができません。手短に卵をまぜましょう。手短にまぜるコツは、菜ばしの先にを少しつけてやると、絡みがよくなります。

おいしいオムレツの作り方

オムレツを作るときは、卵をかき混ぜないようにしましょう。卵のこしがなくならないように混ぜ合わせるのがコツです。又、風味を引き立たせるには、コーヒー用のフレッシュミルクを少し入れると、おいしく出来上がります。


生たまごをなめらかに まぜ卵
生卵の白身切り、生たまごをなめらかにまぜて、いや〜な白身の『どろり感』がなくなります。白身と黄身がよくまざったオムレツが出来ます。

美味しい茶碗蒸の蒸し方

鍋で茶碗蒸しを蒸すとき、鍋と鍋の蓋に割り箸を入れて、少し隙間を開けて強火で5分加熱しましょう。すると、巣になりにくく、おいしく出来上がります。これは、蒸気を適当に逃しているためで、高温に成りすぎないことと、蓋が斜めになっているので、蓋についた水滴とが、茶碗の中に入らないからです。

厚焼き卵を簡単に作る裏技

アルミホイルを箱型に折り曲げます。(折り曲げ方・・・アルミホイルを30cm程取り出して、長方形の長いほうの辺の両端から中心に向かって突合せるように折り曲げます。そして、短い方も同じように両端から折ります。今度は折り目を広げて箱型にします。両方を取っ手の様に折り曲げれば完成)
フライパンに載せて、弱火にして箱型に油をひきます。そこへ卵3個をときほぐして流して3分加熱し、一旦火を止めて、アルミの箱型を取り出し、箱の上の口を閉じます。両端も閉じますキャンデーの様にひねると良いです。今度は閉じた方を下向きにしフライパンに載せ、弱火で5分程加熱します。アルミが膨らんできます。それが出来上がりの合図で、綺麗に焼き上がっています。これは、アルミホイルの熱伝導率が非常に高い事と口を閉じた事で内部に水蒸気がたまり外側から熱が満遍なく伝わり厚い層の卵焼きが出来たのです。

薄焼き卵を失敗しないで焼く裏技

フッ素樹脂加工フライパンに薄く油をひき、強火で15秒間加熱します。そして、溶き卵を流して薄く延ばし、15秒間待ちます。火を止めてから、1分間待ち、周囲が自然にはがれて来たら、はがれた部分を手で持って、ひっくり返し、さらに1分間待ちます。すると、綺麗な薄焼き卵が出来ます。


グッドエッグ

かわいいオムレツの作り方

お玉をフライパン代わりに使います。卵1個を溶きほぐして、お玉に油を引いて溶き卵半分を流し込みます。この時、油は心持ち、多めの方がいいです。ホークで丸めながら焼きます。底の丸い部分を利用すれば、簡単に可愛いオムレツが出来あがります。持ち手が樹脂で出来ているものが良いでしょう。

ゆで卵の殻をきれいにむく方法

ゆで卵のからをきれいにむくには、殻の上下を先にむき、上のほうにむいた所を水道の蛇口にあて、水を出すと中身が面白いように、飛び出してきます。


ゆで卵で失敗しない!エッグメーター

新鮮な生卵の見分け方

卵を割らずに、新鮮な生卵かどうか見分けるには、塩水につけます。コップ1杯に塩を大さじ1入れ、卵を入れます。浮かんでくるようでしたら、古くなっていますので、加熱して食べましょう。

生卵とゆで卵の見分け方

生卵とゆで卵を、殻を割らずに見分ける方法は、卵を横にして回転させます。すぐに止まれば生卵で、回り続けるものがゆで卵です。

ゆで卵をいっきにむく方法

ゆで卵の殻を一度にたくさん、むかなければいけない時は、タッパ−にゆで卵と1/3程の、水を入れ、ふたを閉めて振り回します。すると、簡単に殻がむけます。

ゆで卵を綺麗にむく湯掻き方

生卵の薄皮を破らないように、ひびを入れて15分茹でます。すると綺麗に、つるんとむけます。卵は薄皮がくっついて、殻をむき難くしています。ひびを入れる事で、殻と薄皮の間に水が入り薄皮をふやけさせてむき易くしているのです。

きれいなゆで卵の作り方

ゆで卵を作るとき、殻が割れて白身が流れ出てしまう事があります。酢と塩をお湯に入れておけば、卵が割れてしまっても、白身が流れ出にくくなります。


コッコクック レンジでゆで卵
電子レンジでチンするだけで、簡単に4つのゆで卵ができます。お好みによってゆで具合も調整可能です。

ゆで卵が素早く出来る裏技

水を100ccと卵を鍋に入れ、フタをして中火で6分待ちます。 6分経ったら火を止めて、そのまま7分間待ちます。すると、ゆで卵が出来ています。フタが閉じられる鍋なら、どんな材質の鍋でも空焚きにならずに出来ます。水とガスの節約になります。

色々な形のゆで卵を作る方法

卵を普通にゆで、さっと水に入れてから熱いうちに皮をむきます。それを型にゆっくりと押し込み、水に3分間浸けて型から抜きます。すると、きれいに型どおりのゆで卵ができます。お弁当などに入れると、楽しいです。


伊東家の裏ワザ 変身ゆでたまご

ゆで卵の黄身が真ん中にくるゆで方

卵を冷蔵庫においてた方向と、反対向きにしてゆでます。おちょこなどの上に置いて、ゆでるといいでしょう。すると、黄身が真ん中のゆで卵が出来上がります。これは、卵の白身と黄身とでは、わずかに黄身の方が軽いからです。

塩味の付いたゆで卵の作り方

卵を塩水につけて、半日ほど置いておきます。そして、その塩水を利用して卵を茹でる、ほんのりと塩の効いたゆで卵が出来上がります。

関連リンク

Copyright (C) 卵料理の作り方と裏技 , All rights reserved.