パンとご飯の裏技

節約術と生活知恵袋 >> 簡単!料理の作り方と裏技

パンとご飯の知恵袋メニュー

上手にパンを切る方法

パンを包丁で切るとき、ぺちゃんこにつぶれてしまった経験はないでしょうか?パンを包丁で上手に切るには、包丁を熱湯で温めると上手に切れます。ただし、熱湯に包丁をつけた後、水分を十分にふき取って下さい。又、食パンを切る場合は山の上のほうから切らずに、横に寝かせ底の固いほうを手前にして切ると切りやすいです。


ブレッドカッティングボードセット

サンドイッチの切り方

サンドイッチを切るときは、つまようじを差し込んでから切りましょう。そうすると、パンがずれて具がはみでてしまう事が少なくなります。又、包丁は温めてから切るのがコツです。


食パンカットガイド
5枚切り・6枚切り・8枚切りからサンドイッチ用のパンまでその時の食べたい厚さに簡単にカットできます。

炊飯器でパンを焼く方法

強力粉350g、イースト小さじ1杯、砂糖大さじ2杯、塩小さじ1杯、バター大さじ2杯、牛乳250CCをボールなどに入れて、手に強力粉が付かなくなるまで良くこねます。生地を軽く押さえるようにして空気をよく抜き、丸めてフキンなどで包み、2時間位寝かして発酵させます。その生地を炊飯器に入れ、炊飯ボタンを押します。炊飯が切れたら蓋を開けないで、再び炊飯ボタンを押します。2回目が終われば、パンを取り出し上下をヒックリ返して入れ、もう一度炊飯ボタンを押します。そして、炊飯が切れたら、焼きたてのふっくらパンが出来上がりです。

短時間で手作りパンを作る裏技

材料
絹ごし豆腐 100g(1丁の約1/3の量)
卵 1個
強力粉 200g
砂糖 大さじ1
ベーキングパウダー 小さじ2
塩 小さじ1/4
サラダ油 大さじ1

絹ごし豆腐をボウルに移して、泡立て器で軽くつぶしながら、卵を溶いて入れます。そこに、強力粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩、サラダ油を入れて、耳たぶくらいの固さになるまでコネます。出来上がった生地を適当な大きさにして、平たく伸ばします。そして、生地の上にソーセージや、コーン、ツナなどをのせ、オーブンで焼くと手作りパンの出来あがりです。豆腐から出る水分が水蒸気となり普通に発酵させた生地と同じ様に膨らみます。


窯焼パン工房
石がまでつくったような美味しいパンをご家庭で工房窯焼パン工房は遠赤外線効果の高い耐熱陶器でできているため、ご家庭のオーブンで食パンも最高級のふっくらとした食感のある美味しいパンを焼く事ができます

固くなった食パンを柔らかくなる裏技

固くなってしまったパンを、新しく買った柔らかいパンの間に挟んで袋の口を閉じて半日程、置いておきます。固くなってしまったパンが、フンワリ柔らかくなります。これは、適度に水分を含んだ新しいパンの中に、乾燥した固いパンを入れた事で水分の拡散作用という、同じに保とうと言う現象が起こり、固いパンを柔らかくします。

美味しいフレンチトーストの簡単な作り方

パンの両面に、一般に市販されているプリンの黄色いカスタード部分をたっぷりと塗ります。そしてその上から、茶色いカラメルの部分を塗ります。お皿の上に箸を二本載せ、その上にパンを置いてレンジで1分加熱します。すると、甘くてしっとりしたフレンチトーストが出来上がります。尚、焼プリンでは出来ません。

ご飯を美味しく炊く方法

米は洗った後は、たっぷりの水に吸わせるのはもちろんですが、米を炊くときの水は、普通の水道水を1日、涼しいところで寝かしたものを使うとまろやかな仕上がりになります。
そして、お米3合に対しを大さじ1入れてやると、艶がでて持ちも良くなります。又は、お米3合に対し、大さじ1のサラダ油を入れて炊いてやると、ふっくらしてつやつやのご飯が炊き上がります。


土佐備長炭
ご飯をおいしく炊き上げる炊飯用備長炭。保温中の臭いや黄ばみも予防。

古いお米を美味しく炊く方法

古くなってパサパサになってしまったお米を、美味しく炊くには、蜂蜜を少々混ぜて炊くと、おいしくふっくらと炊き上がります。又、みりんやコーン油を入れても、おいしくふっくらと炊き上がります。 つやつや感を出すには、寒天、又はゼラチンを少量加えると良いです。

ごはんを早く炊く方法

炊飯器でごはんを少しでも速く炊きたい時は、水から炊くのではなく、お湯で炊いてみましょう。お湯だと、米に早く水分が吸収され、通常の半分くらいの時間で、出来上がることもあります。
ただし、あまりにも熱いお湯だと、米に水分を吸収するまえに沸騰してしまい、芯が残ってしまいます。人肌ぐらいのお湯が適温です。


東芝 圧力IH炊飯器 圧力仕込み RC-10NY
・お米の芯までしっかり熱が伝わり、α化を促進。甘みと粘りを引き出します。
・早炊きとおいしさを両立。短時間でお米が水分をしっかり吸収。約15分でおいしく炊き上げます。
・玄米がふっくらやわらか。ヌカ層が厚い玄米でも、白米の部分までしっかり水分を吸収します。

ご飯が6分で炊ける究極の裏技

洗って水に浸けてあったお米を、1合の米に対して、1リットルの割合で沸騰させたお湯に入れ、強火でふきこぼれないように6分加熱します。6分経ったら、ざるに取りだし、米を上下しながら水分を取っていきます。すると、ご飯が出来上がります。おいしさの点では、やはり普通に炊いたご飯の方が断然おいしいですが。

普通のお米をもち米のように炊く裏技

お米2合に対して切り餅3個を入れて、普通に炊飯します。炊き上がったら、お餅とご飯と混ぜ合わせます。たったこれだけです。炊く前に具を入れておくと、おこわご飯も出来ます。この裏技は、ご飯の粘り気であるアミノペクチンと言う成分がもち米より普通米の方が2割程少ないのを切り餅で補ってもち米の様にしています。

ご飯に芯が残ってしまった時の裏技

水加減やつけおきの時間を誤って、ご飯に芯が残ってしまったときは、を大さじ2〜3入れて、5分程炊きなおしをしてやれば、芯がなくなります。

ごはんを腐りにくくする方法

ご飯を常温で置いておくときは、梅干を一緒に入れておきましょう。それだけでご飯が腐りにくくなります。日の丸弁当は、ご飯を腐りにくくする効果があるんですよ!

パラパラチャーハンの作り方

普通のごはんでパラパラのチャーハンを作る方法は、先にごはんとを容器の中で混ぜ合わせておきます。そして、普通にチャーハンを作るだけ。これだけでおいしいパラパラのチャーハンが出来上がります。

黄金チャーハンレシピ
鶏がら、金華ハム、ショウガを弱火で煮込みスープを作り、そのスープでタイ米を炊きます。
ピーナッツ油でショウガ、にんにく、葱のみじん切りを炒めます。そして、スープに使った金華ハムも刻んで加え、香りがついたら、全卵を加えてかき混ぜたご飯を入れて炒めます。
すると、最高においしい、 黄金チャーハンが出来上がります。


金華ハム

上手におかゆを作る方法

おかゆを上手に作るには、米がよく煮えるまでは、かき回さないこと。煮上がったときには、塩を少し入れてから、よくかき回します。そして、よく蒸らすこと。すると、ねっとりして、おいしくおかゆが出来上がります。

電子レンジで赤飯作り

あずきともち米を用意します。分量はもち米10に対しあずきが1です。先にあずきを1度水から茹でます。茹でこぼれるまでゆがいたらき、新たに5倍ほどの水を入れて再び茹で上げます。その時、何度かあずきをすくい上げて、色だしをします。
そして、もち米を洗った後、水気をきり耐熱容器にあずきと一緒に入れます。そして色が出たあずきのゆで汁をひたひたになるまで入れ、電子レンジで8〜10分加熱します。そして一度、かき混ぜてから、さらに2分程、加熱すると出来上がりです。


丹波大納言小豆

丹波大納言小豆は粒が大きく揃っていること、艶がとても良いことが特徴で、味・風味ともに優れた逸品です。鳥帽子の形をし、煮ても腹切れしにくいです。他の小豆と比べてみても煮え方も味も全然違います。

きれいな赤飯の作り方

赤飯がきれいな色をしていると、見た目にもおいしそうです。きれいな色の赤飯を炊くコツは、あずきのゆで汁に少し重層を加え、もち米を一晩あずきのゆで汁につけこんでおきましょう。


祝用箱入り「赤飯の鉄人」
炊飯器に早炊きもち米と具材を入れて「おいそぎ」モードでスイッチオン!水も手間も掛かりません。あとは出来上がりを待てば味が自慢の赤飯の出来上がりです。

いなりずしの油揚げの作り方

いなりずしも油揚げを開いて袋状にするのは、けっこう難しいものがあります。無理に開くと破れてしまったりします。ナイフを使ってもうまくいきません。
上手に開くには、油揚げの余分な油をクッキングペーパーで吸い取り、湯通しします。そして油揚げをまな板にのせ、すりこ木を油揚げの上でゴロゴロと転がし、中の空気を抜き出します。そして半分に切ると簡単に開く事ができます。

固くなったおもちを切る方法

固くなったおもちを切るには、大根を使います。大根を切った包丁で、固くなったおもちを切ると、刃の通りがよくなります。包丁は押し切りしてやりましょう。

巻き寿司が綺麗に巻ける裏技

巻き寿司で、海苔に酢飯を乗せるとき、向こう側1cmを空けて酢飯を広げてから、具を置きます。そして、具の向こう側に菜ばしを置き、菜ばしを少し強い目に押さえながら巻きます。菜ばしを抜いて、もう一度、整えるように巻きすを押さえます。すると、具が真ん中にきて、綺麗に巻き寿司が出来上がります。


もう失敗しないっ♪キレイに巻ける!巻き寿司セット

巻き寿司を上手に切る方法

巻寿司をスパットきれいに切るには、ラップを一巻きして密着させ、ラップのまま普通に切ります。これだけで、お寿司屋さんの様なきれいな切り口になります。この方法は、普通に切ると海苔が伸びて切れずに上から押され、ご飯が潰されてしまいますがラップを密着させた事で海苔が伸びるのを防いでいるのです。

ピザ生地を簡単に作る方法

スパゲッティを茹でて、ポリ袋に入れてよく揉んでやります。するとパン生地のようになるので、薄く延ばして出来上がり。おオーブンで5分焼きいてから。ミートソースやチーズを載せて再度オーブンで焼くと、薄焼きのイタリアン、クリスピーピザの出来あがりです。

手軽に肉まんを作る方法

食パンの耳を切り落とし、霧吹き等で水分を含ませしっとりとさせます。食パンの真ん中にお好みの具を入れて(例えば冷凍のシュウマイやカレーなど)、包み込み、ねじって肉まんの形にします。これをアルミホイールで包みオーブントースターで5分程焼きます。すると、ホッカホッカ肉まんの出来上がりです。これは、肉まんの生地と食パンの生地の原料は、ほぼ同じで更にパンを湿らせ、アルミで包み蒸し焼き状態を作ったのが決め手です。

関連リンク

Copyright (C) パンとご飯の知恵袋(赤飯、いなりずしの油揚げなど) , All rights reserved.