煮込み料理の作り方と裏技

節約術と生活知恵袋 >> 簡単!料理の作り方と裏技

煮込み料理や煮物の作り方メニュー

調味料を入れる順番

調味料を入れる順番は、昔から「さしすせそ」と言われています。「さ」は砂糖、「し」は塩、「す」は酢、「せ」はしょうゆ、「そ」は味噌です。
この順番で味付けをすると、調味料の浸透が良くなります。

煮込み料理の焦げ付き防止

カレーやシチューなど、煮込み料理は、弱火でくつくつと煮込むとかき混ぜていなければ、鍋底が焦げてしまいます。
これを、煮こぼれしない程度の強火で煮込んでやれば、かき混ぜないでも案外、鍋底が焦げ付きません。


ダルトン シマーリング
ガスコンロとお鍋の間に敷くだけ♪煮こみ料理等長時間の加熱時に、コンロの火を弱火の状態にします。温度が均一にゆっくりと行き渡り、鍋底の焦げ付き防止にもなります。また、火がはみ出したり安定が悪かったりする、ミルクパンなどの小さめのお鍋などを温める時にもとっても便利です。

調味料を入れすぎてしまった時は

料理をしていて、調味料を入れすぎてしまい、味付けがとても濃くなってしまった時は、ジャガイモを入れてみましょう。ジャガイモが調味料を吸収してくれます。

煮物のアク取りが簡単にできる裏技

鍋よりも少し大きめに切った、アルミホイルを軽くもんでシワシワにし、広げて鍋の大きさに形を整えて入れます。すると、アルミホイルにアクがくっ付いて、綺麗になります。


平野レミさんのレミマルチシート

落とし蓋・あく取り・キャップオープナー・鍋つかみ・にんにくピーラー・ストッパー・鍋敷きに使えます!

鍋のあくを取る裏技

鍋のあくを簡単に取るには、使用済みのティーパックを使うと便利です。ティーパックの中身を捨て、洗って乾かした物をあくの上で移動させると、面白いようにあくだけを吸い取ってくれます。


アク取り落とし蓋
もうおたまで何回もアクを取る面倒な手間がいりません。中央部の穴と渕側からアクが入り込み、メッシュ部に溜まるので、1度にたくさんアクを取ることができます。アク取りお玉などで何回も取る面倒な、手間が省けます。メッシュ部が余分な煮汁を蒸発させながら、味をしみ込ませます。しかも、メッシュ状なので中の様子がわかりやすい。

なすを上手に煮る方法

なすを煮ると皮が茶色くなり、せっかくの鮮やかな色が台無しになってしまいます。そこで煮る前のなすを塩水につけておくと、きれいな色のまま煮る事ができます。

水っぽいかぼちゃをおいしく煮る方法

かぼちゃはたまに水っぽいものがあります。包丁で簡単に切れてしまった時は、水っぽい証拠です。そんなかぼちゃに当たってしまった時は、水で煮るのではなく、お茶で煮てみましょう。しっかりとした味になります。

レンコンを上手に煮る裏技

レンコンを厚み1cm位の輪切りに、梅干しを3個ほど入れて、煮ます。すると、歯ごたえがシャキッとした、レンコンが出来ます。又、色も変色していません、これは、梅干しのクエン酸が、レンコンのペクチンをゼリー状に固めて溶け出さばいようにしているからです。細胞が壊れない為、栄養面でもお勧めです。

煮物がおいしくできたかどうか確かめる方法

大根やジャガイモ、ニンジンなどの、いわゆる根菜類と言われるの煮物は、食べ頃かどうか判断するのは、難しいものです。そんな時は、マッチをすって根菜類に近付けます。マッチの火が消えたら、まだ上手に煮えていない証拠です。マッチの灯が消えなくなるまで、もう少し煮ましょう。これは、煮物の材料に水分が多い時と、水分が飛んで少なくなった時とを、確かめています。


スケーター ゆで野菜 調理ケース
電子レンジでカンタン、スピーディにゆで野菜が作れます。これひとつで、洗い、アク抜きから水切り、電子レンジ調理、保存までOK!ザル付きなので空気が循環、ムラなく温まります。温野菜、煮物の下ゆで、ふかしいも、蒸し料理にも。加熱保存切替弁がついている親切設計♪

野菜の煮崩れを予防する裏技1

煮崩れの原因は、沸騰した時に、野菜の角がぶつかり合い煮崩れを起こします。よって角を取り丸くすると衝撃が少なく成り、煮崩しにくくなります。角を取るには、切った根野菜をざるに入れ、上からもう一つ、ザルを被せて、ビニール袋に入れます。そして、15秒間程軽く上下左右に振りると野菜の角がとれます。更に、この裏技は表面に細かな凸凹が出来るので、味がしみ込み易くなり、より美味しく煮物ができます。

野菜の煮崩れを予防する裏技2

肉じゃがやカレー、カボチャの煮物など、調味料を入れる前に、4人前ごとに約5gのバターを入れて、溶かしてから調味料を入れて味付けをします。すると煮崩れが抑えられます。これは、バターを入れた事によりバターの油分が根野菜の表面を覆い、ペクチンの流出を抑えているのです。マーガリン煮崩れも防ぐことができます。

カボチャを煮くずれさせない方法

カボチャを煮る前、30分間に漬けます。そして、その漬けた水で煮ます。すると、煮崩れせず、養分も逃がさずにおいしくいただけます。煮崩れの原因は、切り口から出る、デンプンが熱により粘りが出るからです。水に漬ける事でカボチャの切り口の、デンプンを流しているのです。ジャガイモなどの煮物でも使えます。

本格的シチューを失敗しないで作る裏技

バター100gを常温で柔らかくして、木ベラ等でよく練ります。小麦粉を大さじ6杯分を加えて更に良く練りこみます。そして、5等分(5人前分)にしてラップに包んで冷凍室に20分間以上入れます。鍋に肉やジャガイモを煮込んで、牛乳1人前あたり100ccを入れた中に、バターと小麦粉を混ぜ合わせたものを人数分だけ入れて、15分煮込みとろみが出てきたら出来上がりです。焦がすこと無く、小麦粉のだまも出来ずに本格的なシチューが出来ます。尚、クリームコロッケやグラタンでも応用できます。


ほっとく鍋・18cm(両手鍋)
保温調理で手間いらず!沸騰後、火を消した後も高い温度を長時間持続し、その熱で中の食材をしっかり煮込みます。

冷めたカレーが固まらない裏技

作りおきしたカレーが固まってしまうのを防ぐには、カレーを作るとき、仕上げの隠し味として、ティースプン一杯分の蜂蜜を入れて混ぜておきます。すると、3日位は冷蔵庫で保管しても、固まりません。これは、蜂蜜がカレーのとろみの中心である、でんぷん質を保護するからです。シチューやハヤシライスでも、使えます。

短時間で肉や野菜を柔らかくする裏技

ジッパー付きのポリ袋に肉や野菜を入れます。水をひたひたになるまで入れ、ジッパーを閉じます。この時、袋の中に少しだけ空気が入った状態で閉めます。そして、袋ごとお湯の中に入れて茹でると、通常の3分の1の時間で柔らかくなります。柔らかくなったら、袋から出して味付けしてください。


Ziplocジップロック冷凍保存バック
耐熱・耐冷温度 : 140度・マイナス20度

昆布を柔らかく煮る方法

昆布を柔らかく煮るには、梅干しと一緒に煮ると柔らかくなります。又、酢を少々入れても柔らかく煮ることが出来ます。

ロールキャベツを作る時

ロールキャベツ用に、キャベツの葉をはがすには、キャベツの芯をくりぬき、くりぬいた部分に熱湯を注ぎ、5分ぐらいおいておくと、きれいに葉をはがすことが出来ます。
キャベツがはだけないように、爪楊枝で止めますが、変わりに、スパゲッティを使えば、そのまま食べることができて便利です。小さな子供にも安心です。

寝ている間にやわらか煮豆

煮豆を作るには手間がかかりますが、この方法なら寝ている間に豆を柔らかくすることができます。まず、乾燥豆をきれいに洗った後、鍋に入れひと煮立ちさせます。そしてゆで汁ごとポットにいれ、ポットにいっぱい熱湯を注ぎ、ふたをします。一晩おくとすっかり柔らかくなっているので、味付けをして出来上がりです。


サーモス シャトルシェフ
火を使わない新しい調理方法、それが保温調理です。保温調理とは、短時間火にかけた後に保温して、余熱のチカラで食材に火を通す調理方法です。つまり、料理の材料を煮込むのにもう沸とうさせ続ける必要はありません。

肉じゃがを上手に作る裏技

肉じゃがを煮込む時は、ジャガイモ2個に対して梅干し1個位の割合で入れ煮込むと、荷崩れしないで出来上がります。これは、ジャガイモの細胞を繋いでいるペクチンが熱により溶けて、バラバラに崩されるのを梅干しに含まれてる、クエン酸が固定している為です。もちらん、梅干しも食べられます。

辛口のカレーを甘口にする方法

辛口のカレーを、甘口のカレーにするには、インスタントの粉末ポタージュスープの素を、ふりかけて混ぜると、辛味が抑えられ、甘口になります。子供用に便利です。

カロリーオフのホワイトソースの作り方

牛乳400cc、一口大に切った長いも250g、豆腐100g、をミキサーに入れ、1分間回します。そして、鍋に移し、中火で10分間煮込むと、とろーりとしたホワイトソースが出来上がります。通常のホワイトソースの3分の1のカロリーです。

関連リンク

Copyright (C) 煮込み料理や煮物の作り方 , All rights reserved.