焼き物と炒め物の裏技

節約術と生活知恵袋 >> 簡単!料理の作り方と裏技

焼き物や炒め物を作る方法メニュー

失敗しない炒め物の作り方

炒めものをする際は、フライパンに油を十分になじませておかなければ、焦げ付いてしまうことがあります。炒め物をするときは、カラ焼きしたフライパンに油をたっぷり入れ、十分になじませます。そして、余った油を全部あげてしまいます。そして具材をいれ炒めると、焦げ付きにくくなります。


耐熱シリコンヘラ
310℃まで耐熱なので、炒め物から鍋料理からなんでもOK!テフロン加工の鍋、ルクルーゼ、ストウブなどもこれがあればいつまでも傷がつかずに安心。

ぎょうざをきれいにはがすコツ

フライパンでぎょうざを焼いて、取ろうとした時、フライパンにひっついてしまい、きれいに取れないときがあります。そんな時は、焼きあがったフライパンを、濡れふきんなどの上にジュッーと置いてやりましょう。きれいにぎょうざを取れるようになります。


ハイ! ギョウザ
簡単そうで意外と難しいのがギョウザの焼き加減。そこで活躍するのが「ハイ!ギョウザ」パンの底がW波型になっているから熱効率もよく焼き崩れナシ!おまけに専用ターナーが付いてサッとそのままお皿に移せちゃう♪木蓋つきだからモチロン蒸し焼きもOK★焼き魚など、色んなお料理にも使えます!

餃子を失敗せず焼く方法

フライパンに油をひかず、ギョーザを並べ、水をギョーザが半分浸かるくらいの所まで入れフタをしてから、強火で水が沸騰するまで待ちます。沸騰したら、火を止めて水を全部捨て、大さじ1杯分の油を流し入れて、全体になじませます。そして、フタをして強火で2分焼けば出来上がりです。

焼き茄子の皮が簡単に剥ける裏技

焼く前に茄子同士を、表面全体に当たるように回しながら、軽く50回叩きます。そして、ヘタの周りと縦に2本2mm位の切り込みを入れて普通に焼きます。焼きあがったら、切り込みに沿って皮を剥きます。するとスルッと簡単に、剥けます。これは、茄子同士を叩いた事により、皮と身の間に隙間が出来て剥き易くなったのです。

焼きナスの皮を綺麗にむく方法

焼く前のナスのへたの付け根部分に、一周切込みを入れます。そして、オーブントースターで15分焼きます。それを、縦半分に切って、付け根の切り込みの所から皮を引っ張っります。すると一発で綺麗にむけます。

おいしいハンバーグを作る裏技

ハンバーグの材料を入れて、こねる前に、ひき肉300gに対してマヨネーズ30g入れます。後は、普通にこねて、普通に焼くだけで、とてもジューシーなハンバーグができます。この裏技は、ハンバーグは火が通るにつれて、肉のうま味が逃げて行きますが、マヨネーズを入れた事で卵黄とお酢が、ひき肉をうまく包みこみ、お酢が肉を柔らかくし、卵黄が肉のうま味を逃がさない働きをするのでよりジューシーになってくれるのです。


ビール酵母パウダー
クッキーやホットケーキ、ハンバーグなどに入れると、味にふくらみが増し一層美味しく召し上がれます。

ハンバーグがジューシーに焼ける裏技

まずは、中火で片面に焼き色がつくまで焼きます。そして、ひっくり返したら、を入れ、フライパンの中で何周かさせ、少し小さくします。小さくなった氷をハンバーグの上にのせて、中心よりも下になるくらいに中まで押し込みます。あとは、フタをして弱火で8分ほど焼きます。すると、中まで火が通って、ふっくらと美味しくハンバーグが焼き上がります。氷は熱で溶けて沸騰し、水蒸気になって、中からもふっくら蒸し焼きにしてくれる手助けをしてくれます。

オニオンペーストが簡単に作れる裏技

玉ネギ3個に対し、小さじ1杯ほどのを混ぜ合わせます。後は普通に炒めるだけです。たったこれだけで、塩なしの場合より、半分以下の時間で出来ます。密閉容器に入れれば冷蔵庫で1週間、冷凍庫なら約1ヶ月間の、保存できます。これは、塩を振ってよく混ぜ合わせた事で塩の浸透圧効果と言うものにより、水分を取り出しやすくしています。この浸透圧効果は炒めている間も続いているので、オニオンペーストが素早く作れるという訳です。

バター焼きを焦がさない裏技

オムレツやムニエルなどバターで焼く時、焦げてしまうことがあります。そんな時は、バターを電子レンジで1分間加熱し、そのまま1分間放置すると、透明の部分と濁った方との2層になりますので、透明の方を使います。すると、焦げなく綺麗に出来上がります。焦げの元になるのは、糖分、塩分、蛋白質です。これらは、濁った方に集まります。一方の透明の方には、乳脂肪の部分だけに集まります。その乳脂肪部分だけを使って料理をすると焦げ付かないという訳です。ただ、塩分が無くなりますので、塩の調整は必要です。

燻製が簡単に作れる裏技

燻製にしたい材料を、キッチンペーパーで水分を拭き取り、塩をふり掛けます。水分を含んだままの出がらしの緑茶の葉っぱを、大さじ5杯分をアルミホイールに載せ、砂糖大さじ2杯を、その上にふり掛けます。それをステンレス鍋に入れ、その上から網を載せて、燻製にしたい材料を並べます。鍋にステンレスの蓋をして、強火で3分、その後中火で10分加熱します。すると、香ばしい燻製が出来上がります。


燻製器 ホームスモーカーくんちゃん

関連リンク

Copyright (C) 焼き物や炒め物を失敗しないで作る方法 , All rights reserved.