正しい材料の切り方

節約術と生活知恵袋 >> 簡単!料理の作り方と裏技

材料の切り方メニュー

料理には、煮物や炒め物など色々と方法が分かれています。調理する方法によって材料の切り方を変えましょう。すばやく火を通したいのであれば、材料は薄く切ります。じっくりと煮込むのであれば、にくずれをしないように、厚めに切ります。以下に一般的な材料の切り方を紹介します。

輪切り

大根など円筒状のものを輪に切る方法です。必要な部分を切り落とし、皮を剥きます。材料を寝かした状態で同じ厚さに揃えて切ります。包丁の刃先を材料に当て、向こう側に押し出すようにすると切りやすいです。主に煮物をする際の切り方です。


あっとスライスS イワタニ電動スライサーIFP-45S
スライド連動で野菜をカット、あっという間の下ごしらえ、切れ味・美味しさともにバツグンの電動スライサー

半月切り

輪切りしたものを、さらに半分に切ります。煮物や炒め物にする際の切り方です。煮物にする場合は厚めに、炒め物にする場合は薄めに切ります。

いちょう切り

半月切りしたものを、さらに半分に切ります。火を早く通したいときの切り方です。薄めに切りましょう。

拍子木切り

フライドポテトのように、直方体に切るきり方です。用途によって長さを決め、材料を必要な長さに輪切りにします。次に輪切りにしたものを、仕上げたい太さに縦に切っていきます。さらに縦に切ったものを、同じ太さに切っていきます。

さいの目切り

サイコロのように、立方体に切るきり方です。用途によって大きさを決めます。切り方は拍子木切りをさらに、端から切っていきます。

せん切り

材料の繊維にそって細かく切ります。必要な長さを決め、材料を必要な長さに輪切りにします。次に輪切りにしたものを、縦に薄く切っていきます。さらに薄切りしたものを、端から細かく切っていきます。

みじん切り

材料を細かく砕くように切ります。縦横共、細かく切っていきます。

小口切り

きゅうりなどの細い円筒状のものを切るきり方です。輪切りのように切り口を切ります。酢の物や和え物など、この切り方をします。

斜め切り

ごぼうなど細長いものを切るきり方です。材料にたいして刃を少し寝かせ切ります。鍋物や煮物に適しています。

くし形切り

トマトなどを放射状に切るきり方です。まずは4等分に切り、さらに4等分に切ったものを半分に切ると、形がそろいやすいです。

乱切り

形をそろえずに、材料を回しながら切るきり方です。れんこんやにんじんなどは、この切り方で切ります。材料を横におき、切り口が上になるように手前に回しながら、斜めに切り落としていきます。

関連リンク

Copyright (C) 正しい材料の切り方 , All rights reserved.