リサイクル 食材の二度使いの術

節約生活・暮らしの知恵袋 >> おもしろリサイクルのアイデア

ページメニュー

大根の首その1

大根の首部分にクレンザーをつけて、シンクを磨くとピカピカになります。

大根の首その2

にんにくなどを摩り下ろした後、大根の首をおろし金でおろしてみましょう。臭いを吸収してくれます。

大根の首その3

大根の首部分を斜めに切り、切り口を軽く押し当てるように尾から頭に向かってこすると、うろこがきれいにとれます。

しょうがの葉

しょうがの葉を冷蔵庫に入れておくと、脱臭剤代わりになります。

じゃがいもの皮その1

じゃがいもの皮でコップやフォークなどの、固いタワシやクレンザーで磨けないものを磨くときれいになります。

じゃがいもの皮その2

じゃがいもの皮の内側を、鏡に塗りつけると、鏡が湯気で曇るのを予防してくれます。

りんごの皮その1

りんごの皮で、蛇口などのステンレスを磨くと、クエン酸の働きでピカピカになります。

リンゴの皮その2

水を張ったアルミ鍋にリンゴの皮を入れ、ぐつぐつと煮立てるとアルミ鍋がピカピカになります。

パンの耳その1

パンの耳を砂糖を入れている容器の中に入れておくと、乾燥剤代わりとなり、砂糖が固まるのを防止してくれます。

パンの耳その2

スイッチの手垢の汚れは、パンの耳の白い部分でこするときれいになります。仕上げに掃除機で吸い取りましょう。

貝殻

貝殻をそのまま、花壇などに置いておくと、カルシウムが土に吸収されて、植物の肥料になります。

バナナの皮

レザーをきれいにするには、あらかじめほこり等を落としておき、バナナの皮の裏の白い部分で磨くと、きれいになります。

さしみのわさび

おさしみに付いてくるわさびが残った場合は、消臭剤の代わりに使えます。

ゆで汁その1

乾麺のゆで汁で、油のついた食器を洗うときれいに落としてくれます。洗剤代わりになります。

ゆで汁その2

麺や野菜などのゆで汁を、熱いまま雑草の上からかけると、除草剤代わりとなり、雑草が枯れます。

米のとぎ汁その1

油がきつい食器などを洗う前につけておくと、汚れが落ちやすくなります。

米のとぎ汁その2

プラスチックの容器を、一時間ほどつけておくと臭いが取れます。

米のとぎ汁その3

ワックスの代わりに米のとぎ汁をぬってやると、つやつやになります。

米のとぎ汁その4

新しい土鍋を使う前には、米のとぎ汁を入れて、弱火でゆっくりと煮ると、鍋のひび割れの予防となります。

Copyright (C) 節約生活・暮らしの知恵袋 , All rights reserved.