健康生活こんなとき!

暮らしの知恵袋TOP >> 美容と健康の知恵袋

健康生活メニュー

ばんそうこうを簡単にはがす方法

ばんそうこうをはがすすのに痛い思いをした事はないでしょうか?そんな時は、ばんそうこうのテープの上から、ベビーオイルを塗ってやると、痛い思いをせずにペロンとはがれます。


救急セットB【防災用品・救急用品】
最小限の医薬品をコンパクトなセットにしました。

抜けにくいとげを抜く方法

とげが刺さって、とげ抜きでなかなか引き抜くことができない時は、50円か5円硬貨が便利です。とげの刺さった部分を硬貨の真ん中の穴がくるように置き、上から硬貨を押さえると、肉が盛り上がりとげの先端が出てくるので、すかさず、とげ抜きで抜きましょう。


ルーペ付きとげ抜き・ワイドヌッキー

かき氷で頭が痛く成った時治す方法

かき氷を食べていた、頭がキーンと痛く成った時は、氷の器をおでこに強く押し付けます。すると、10秒ぐらいで頭痛が直ります。頭がキーンと痛くなるのは、口から頭に繋がっている三叉神経が、冷たい刺激を痛い刺激と間違えて伝えてしまう為、起こります。おでこに冷たい物を強く押し付ける事により、冷たい刺激と押し付ける刺激が、三叉神経を刺激させ痛みを解消させているのです。

飛行機で耳がキーンとなった時は

飛行機に乗って上昇時、気圧の変化で耳がキーンと痛くなった時は、熱いおしぼりをコップの中に入れ、しばらくの間、耳に当てていると痛みがなくなります。尚、下降する時に痛くなった時は、冷やしたおしぼりにすると痛みが取れます。

子供の耳掃除に役に立つ裏技

CDの中央の穴を利用して、輪ゴムを連結させ、耳に掛けれるようにします。そして、CDの裏側の鏡面を表にして、CDの穴から除けるように、耳に引掛け、鏡面にライトを当てます。すると、かなり耳の奥の方まで、よく見えます。これは、光を当てて明るくしていることと、小さな穴から覗く事で、ピンホール効果でピントが集中している為です。

耳に水が入った時は

海などで泳いでいて、耳に水が入った時は、太陽の熱で温かくなった石などを、耳につけてしばらくしていると、水が出てきます。

耳に入った虫を取る方法

耳に小さな虫が入り込んでしまった時は、懐中電灯を耳に当て照らしてやると、明かりに引き寄せられるように虫が出てきます。


耳かき イヤースコープ
耳の中を見ながら耳掃除ができる!3500画素、内視鏡付耳かき。

魚の骨が喉に刺さった時は

魚の骨が喉に刺さった時は、ご飯を丸呑みにして取るのが一般的ですが、それでも取れないときは水で薄めた酢水で何度もうがいをすると、骨がやわらかくなり取れることがあります。

喉の痛みをとる方法

喉が少し痛いなと感じたときは、冷ましたお茶でうがいをすると、効く場合があります。

のどに詰まったもちを取る方法

のどにもちを詰まらせた時は、早く取らないと大変な事になります。そんな時は、少々手荒な方法ですが、掃除機を口に突っ込み、吸い取ると良いです。


掃除機用 吸引ノズル
市販されているほとんどの掃除機に接続できます。直径13mmの細い管のため吸引力が強く、肉やお餅、パンなどを簡単に吸い取る事が可能。救急車が到着する前に、誰でも簡単に素早い対応ができます。老人・お子様のいるご家庭に常備して、万が一の時の救命に。

しゃっくりを止める方法

しゃっくりが止まらず、みっともない経験をした方は、結構多いはずです。そんな、出てほしくない時にしゃっくりが止まらない時は、しゃっくりが出た瞬間に息を止め、我慢の出来る限り耐えましょう。すると、しゃっくりが止まる場合があります。
又、大さじ1杯ほどのを飲むか、レモンの輪切りを口に含むと、止まる場合があります。

あくびを止める方法

会議中など、あくびが出てしまっては、困る場面であくびが出そうになった時は、舌を上唇につけるように動かすと止めることが出来ます。

鼻詰まりを解消する裏技

綿棒を折り曲げ、半円を描くようにします。それを2つ作り、両方の鼻の穴の中に入れます。すると、スッキリ鼻が通ります。鼻詰まりは、鼻腔を鼻水でふさいでしまった状態です。曲がった綿棒を入れた事により、綿棒の戻ろうとする力が鼻腔を広げ、息の量を増やし鼻をスッキリ通してくれたのです。しかし、外すと元に戻ってしまいます。

寝つきが悪いときは

次の日の朝、早く起きなければいけないのに、寝ようとしてもなかなか寝付けない。そんな時は、スプーン1杯のを飲むと寝つきが良くなります。

おなかが鳴るのを抑える方法

空腹になるとおなかが鳴るのは、血糖値が下がったと脳に信号が送られ、胃が活動を活発にするからです。そこで血糖値をあげるために、あめなどの糖分の高いものを口にすると、血糖値があがりおなかが鳴るのを抑えてくれます。又、大きく息を吸って、少しの間息を止めていると、胃の運動を抑えることができます。

足のしびれを治す方法

正座をしていて、立った瞬間、足の痺れの為、歩けないなんて時は、2〜3歩そっと後ろに歩いてみましょう。これだけで足の血行が良くなり、感覚が戻ってきます。


長時間の正座も足がしびれない!!正座クッション

O脚を直す方法

@ 足をそろえてゆっくり前に曲げます (自然にひざがくっ付く状態)
A 1,2,3,と数えます。
B ゆっくりと、立ち上がります。その時、ひざが元に戻らないように我慢しながら、頑張ります。
O脚は、体の重心が後ろにきているためになるらしいです。O脚でない人でも重心が、後ろの時は、ひざが開いているらしいです。ひざを、前に曲げる事で重心が前にもってこれる。毎日の訓練でかなり改善します。


O脚・X脚の予防、矯正パッド

ちょっとだけ、走るのが速くなる裏技

輪ゴムを足首にかけ、引っぱりながら1回ねじって8の字にして親指にかけます。たったこれだけで、走るのが少し速くなります。この裏技は、走るというのは、つま先立ちをして地面を蹴る動作の繰り返しです。その時、土踏まずの筋肉はつま先立ちの時伸びて、蹴った時縮みます。輪ゴムをかけている事によりつま先立ちの時、親指が引っぱられて土踏まずの筋肉は大きく伸び、蹴った時、より大きな反動で縮もうとするので速く走れるという訳です。


瞬足 SYUNSOKU

背中の丸めがちを解消する方法

高価なペンダントを付けて、鏡の前で1分間、自分の姿を写してよく眺めます。それから外出します。それだけで、自然に胸を張った行動になります。これは、高価な物を付けているのでカッコ良く見せたいと思う気持ちと、姿勢が悪くてカッコ良く見えないと考える気持ちが同時に起こり、これを解消させようと自然に体が行動します。こうした行動を認知的不協和と言います。


背筋矯正ベルト

階段が楽に登れる方法

階段を登る時、両手を後ろに回し、お尻を軽く持ち上げるようにします。すると楽に階段が登れます。これは、階段を登る時は、ももの筋肉が主に使われます。それを、お尻を持ち上げる事によって、ももの後ろ側の筋肉も使われるようになり、足の筋肉をバランスよく使えるように成るからです。

長時間椅子に座る方法

長時間椅子に座っていると、お尻が痛くなることがあります。そんな時は、足の爪先を高くして座ります。これは、爪先を高くする事でお尻と椅子のくっつく面積が大きくなり、重さが分散されることと、ふくらはぎの筋肉を伸ばしているので、血行を良くしているからです。

集中力がアップする裏技

勉強をしていて、集中力が落ちた時には、目を閉じて両腕を斜めに下げ、片足を浮かすポーズを一分間します。漢字のと言う字のポーズです。これは、目をつむって片足立ちで平均感覚を鍛え更に腕を斜めに下げることで腕の筋肉運動が行われ、この2つの働きが脳の『皮質下』を刺激して集中力を高めるのです。人前でするのは少々勇気が必要ですが・・・。

暗記力が上がる方法

両手でをふさいでから、覚えたい事を言葉にし、声を出して覚えます。暗記力が、かなりアップします。これは、耳をふさぐことで雑音が消され、自分の声だけが骨を通って脳に伝わるので、脳が活性化した状態で暗記ができるのです。


脳を鍛える 暗記道場

緊張を押さえる方法

左手の薬指全体を、痛くならない程度でリズムカルに、右手で握ったり離したりする動作を1分間、繰り返します。これで、緊張感が和らぎます。これは、左薬指にあるツボを刺激することにより、精神を安定させる効果が有るからです。

緊張を押さえる方法2

洗面器に水を入れて、顔を10秒間浸けます。こうする事で、脈拍を下げてリラックス状態を長持ちさせます。水の中では、浸水反射と言う、生理機能が働いて心拍数を下げるのです。

赤ちゃんを泣きやませる方法

なかなか泣きやまない赤ちゃんを泣きやませるには、テレビの砂嵐のザーザーした音を聞かせると、不思議と泣きやみます。
又、ビニール袋をふわっとさせて回すようにもみます。すると、不思議にもピタリと泣き止んでしまいます。2歳ぐらいまでのお子さんに有効です。

足のむくみをとる方法

立ち仕事などで足がむくんだり、慢性的にだるさを感じる方は、寝る前にアルミホイルで足をくるみ、靴下を履いて寝ると、発汗作用でむくみやだるさが取れます。


フットマッサージャー「コスミックギアー」

肩こりを治すつぼ

肩こりを治すには、足の小指と薬指の付け根の骨の間を押してやると効きます。

スキー場で冷たくなった手を暖かくする裏技

雪を手に擦ります。その後雪を払って手袋をはめます。5分程したら手がポカポカと、暖かくなってきます。これは、雪をさわって手の温度が下がっている所に、手袋をはめると手のまわりの温度が上がり、縮んでいた血管が一気に広がります。すると、たくさんの血液が流れますので、血行のよくなった手は、表面は冷たくても内側はとても温かいのです。これを反応性充血といいます。

辛い肩こりを治す裏技

腕を肩より後ろで、ゆっくり上下させながら、足を爪先立ちで立ち5分間動き廻ります。すると、血液の循環を促し、つま先立ちしたことで、姿勢も良くなります。少しずつ毎日続ける事により、肩こりの防止となります。血液は筋肉の伸び縮により、循環させています。腕を上下させる事により筋肉を柔らかくして、伸び縮させ易くしているのです。

力を入れずに肩モミが出来る裏技

肩を誰かに揉んであげる時は、ゴム手袋をはめて肩もみをします。これは、ゴム手袋と服の生地に摩擦力が働いて滑ってしまわない為、しっかり肩を掴んでいるのです。


ナショナル ハンディマッサージャー
集中したコリをピタッと狙えるポイントたたき。広い面も心地よくマッサージできるチョップヘッド。
プロに学んだ7種類の「たたきテクニック」。揉みの技を織りまぜた2種類の自動コースでコリを和らげます。
首、肩、腕、腰、ふくらはぎ、足裏など今までなかった「首・肩もみ」と全身に対応します。

足の冷えを直す方法

仰向けに寝て、アキレス腱を伸ばすように、つま先を手前に5秒間曲げます。次に、つま先を下の方へ伸ばして5秒間、このセットを10回繰り返します。すると、じわっと足元が暖まってきます。これは、気温の低い冬、血管が縮まり血行が悪く成る上、心臓から一番遠い足先から冷えます。足首を動かす事により、ふくらはぎの筋肉が働き血管にポンプの役目を果たします。そして、足先までの血流を促します。

手作りアンカの作り方

タオルを半分に切り、タテに半分に折って、2辺を縫って裏返し、袋状にします。その中に、小豆を4カップ入れて、袋の口を縫い合わせ、小豆が出ないようにします。それを電子レンジで2分間、加熱します。ホッカホッカのアンカが出来上がります。又、小豆の感触と甘い香りで心地よく眠れます。温度は電気アンカの強の温度程です。3時間位は温かさが保ちます。一度、作っておけば何度でも繰り返し使え便利です。

関連リンク

Copyright (C) 健康生活こんなとき! , All rights reserved.