お肌のお手入れ方法

暮らしの知恵袋TOP >> 美容と健康の知恵袋

お肌のお手入れメニュー

きゅうりパックでお肌しっとり

冷やしたきゅうりを輪切りにし、そのまま肌に貼り付ければ、肌をしっとりとしてくれます。

どくだみ化粧水の作り方

どくだみの葉を30枚ほど、細かく切り刻み、よくすりおろしたものを35度の焼酎200mlと一緒に容器に入れ、冷蔵庫で一ヶ月冷やします。そして茶コシでこせば完成です。乾燥肌に効果的です。

にきびを治す方法

にきびを治すには、砂糖水で洗顔すると効果的です。顔がつるつるとしてきます。

お茶パックでシミを取る

お茶の葉を細かくすりおろしたものに、小麦粉と水を混ぜ合わせ、ペースト状にし、冷蔵庫で冷やしたものを顔に塗ってパック代わりに使うと、シミやソバカスに効果があります。

日焼け後は牛乳で

日焼けをしてひりひりと痛いときは、冷たい牛乳をコットンなどにつけ、肌の上にのせると、治まってきます。温かくなったら何度か取り替えると効果的です。

手あれ予防は牛乳で

牛乳をお湯で10倍くらいに薄めたものを、洗面器などに入れ、手を突っ込んでよくマッサージをすると、手あれ予防になります。

卵パックで肌荒れ防止

卵の卵黄に、小麦粉と水を混ぜ合わせ、ペースト状にしたものを、顔に塗ってパック代わりに使うと、お肌にうるおいを与え、つやつやになります。

目尻のしわに卵の薄皮

卵の殻の内側にある薄皮を、目尻の気になるしわに貼り付けると、しわを伸ばし、肌の張りを戻す効果があります。

荒れた唇には蜂蜜

荒れた唇に蜂蜜を塗ってやると、つやつやにする効果があります。

アロエ化粧水の作り方

アロエを一本トゲを取り、小さく切り、精製水50mlと一緒に容器に入れて、冷蔵庫で冷やせば完成です。荒れた肌やにきびに効果的です。

洗顔のコツ

洗顔をするときは、洗顔料をきめ細かく泡立てることから始まります。この時、みかんなどのネットの上で洗顔料を泡立てると、きれいにできます。

肌の弱い人の洗顔方法

肌荒れを起こしやすい人は、刺激の少ない石鹸で洗顔した後、うすい酢水で洗顔すると、肌がしっとりし効果的です。

関連リンク

Copyright (C) お肌のお手入れ方法 , All rights reserved.