本文へスキップ

たこ足配線はなぜ危険?

たこ足配線はなぜ危険?メニュー

たこ足配線について

みなさんのご家庭では、1つのコンセントから、延長コードや三つ又のタップなどの分岐を使ってどれくらいの電化製品を使っていますか?5つも6つも電気製品を1つのコンセントから分岐して差し込み、使用しているって事は結構あると思います。電気の安全な使い方に、「たこ足配線はやめましょう」といった使用方法を記載している電化製品があります。たこ足配線は電気を使う上での悪い代名詞のようにも言われています。しかしながら、たこ足配線は1つのコンセントからコードを引っ張ることにより、新たにコンセントの増設工事も必要でなく、手軽で便利なように思えます。ではなぜ、たこ足配線は悪い使用方法となるのでしょうか?

実は、たこ足配線は方法自体が悪いわけではなく、流れる電流の大きさによって安全性が保てなくなる可能性があるから悪いと言われています。1つのコンセント回路に電流がたくさん流れるとブレーカーが落ちます。ブレーカーが落ちるということは、電気の使いすぎだと皆さんは理解していることと思います。。

では、ブレーカーが落ちるぎりぎりのラインで1つのコンセントから電化製品をたくさん使うとどうなるでしょうか?これがタコ足配線はやめましょうという警告に大きくつながります。

ブレーカーの落ちるぎりぎりの線で使い続けると、発熱によって配線が焼けショートや漏電の危険性があります。又、それらの2次災害に感電や火災といった事も十分に起こり得ます。
ブレーカーが落ちないから大丈夫だと安易に思わないようにしましょう。

オームの法則とたこ足配線

電化製品をコンセントに差し込み、使用すると電気回路が形成されます。この電気回路はコンセントからコードを経て電化製品の中を通り、再びコードを通ってコンセントに帰って行くといった途中で途切れずに、電気が流れるように道すじを作ってやらなければなりません。そしてこのときの電化製品は負荷と呼ばれる抵抗になります。

電気の基礎で習うことにオームの法則という考えがあります。電気が流れる為には、電流・電圧・抵抗が必要であり、電気回路に流れる電流(I)は電圧(V)に比例し抵抗(R)に反比例するというものです。

式で書くとI=V/Rとなります。電化製品をコンセントにつないだ場合の電流・電圧はコンセントからの電源で、抵抗は電化製品となります。そして、オームの法則では、抵抗を直列につないだ時と並列につないだ時とでは合計電流の計算の仕方に違いがあります。抵抗1つ1つに注目すると、オームの法則は常に成り立ちます。

直列接続では、図のようになり電流は回路内では一定で電圧は電化製品Aと電化製品Bで分け合う形になります。このように電圧を分け合う事を電圧降下といいます。

並列接続の場合は、電化製品Aと電化製品Bの両端にかかる電圧は共通となり合計電流は電化製品Aと電化製品Bに流れる電流の和となります。

では、たこ足配線をした場合の電気回路はどのようになるでしょうか。たこ足配線をすると、電化製品が並列接続された形になります。
オームの法則イメージ

たこ足配線した場合の電流値

もう一つ、電気回路で重要なことに、電力量(P)といったものがあります。電化製品には「消費電力量」と記載され単位は「W」(ワット)です。この電力量(P)は電流(I)と電圧(V)の積となり

式で書くとP=VIとなります。

例として家庭用のコンセントに800Wの電気ストーブをつけると流れる電流は
800W = 100V × I
I=8A
8アンペアの電流が流れることになります。

では800Wの電気ストーブ、200Wのテレビ、700Wの掃除機、300Wの冷蔵庫をたこ足配線でつなぎそれらを同時に使用した場合のコンセントに流れる電流値は何アンペアになるでしょうか?

オームの法則から見た、たこ足配線でも触れた通り、各電化製品の合計電流がコンセントに流れます。
よって20アンペアの電流がコンセントに流れます。

ちなみに各電化製品に流れる電流は

テレビ 200W = 100V × I 
I=2A

掃除機 700W = 100V × I 
I=7A

冷蔵庫 300W = 100V × I
I=3A
となります。

許容電流値について

コンセントや配線には許容電流値といって、これ以下の電流で使いなさいという電流値が設定されています。この電流値がたこ足配線を許さない考えになっています。一般的に許容電流値は配線なら太ければ、太いほど、コンセントなら形状が大きければ大きいほど、許容電流値は大きくなります。家庭用で使われる延長コードや、コンセントの差し込みは15アンペアが許容電流値となります。この許容電流値を超えて使用すると、電流が流れることによって発生する熱に耐えきれなくなります。

この熱が発生するメカニズムとして、抵抗値が起因しています。この場合の抵抗値とは、配線や差し込みに含まれる抵抗のことです。配線やコンセントに発生する熱は、少ないながらも銅の中に含まれる抵抗が原因で発生します。

一般的に、配線は太ければ太いほど抵抗値が小さくなります。この銅に含まれる抵抗に電流が流れれば熱が発生します。この熱は、電流が高ければ高いほど、また抵抗値が高ければ高いほど、より多く発生します。また、銅の特性で温度が上がれば上がるほど抵抗値が増える傾向にあります。

よって、細い線に大きな電流を流せば熱が発生し、その熱を持ったことによりさらに熱を発生させることになり配線にとっては悪循環の繰り返しになります。そして、配線やコンセントはビニールやプラスチックで出来ています。皆さんの経験でも分かる通りに熱には弱い材質であることは言うまでもありません。

大きな事故にならないように、コンセントの利用は電流値を考えて上手に工夫しましょう。